会社を設立するメリット

メリット

  1. 社会的信用が得られる

    法人化の最大のメリットは、社会的信用度が個人事業よりも高いということになるでしょう。気心の知れた取引先であれば、個人か法人かはそれほど問題にならないかもしれません。ただ、新規の取引先や金融機関などはやはり個人事業主よりも会社(法人)との取引を優先することが多いといえます。

  2. 個人事業よりも経費にできる範囲が増える

    交際費の認められる範囲が個人事業よりも広い、社長の生命保険料を経費にすることができるなど、経費にできる範囲は会社の方が広いといえます。

  3. 給与所得控除により個人の税負担が軽減できる

    法人化した場合、社長の収入は会社からの給与となるため、個人の所得税負担は個人事業に比べて軽減されます。また、事業を手伝ってもらうご家族を役員にすることで、さらに節税効果を上げることができます。

  4. 社会保険に加入できる

    法人化した場合、社会保険に加入しなければいけません。(個人事業の場合は、事業主とその家族は社会保険に加入ができません)社会保険料の半額は会社負担(経費)になるので、個人の社会保険料の負担は軽減されます。

  5. 事業を永続的に続けることができる

     会社は一度設立すれば(倒産しない限りですが)永遠に不滅です。社長が引退しても、後継者に会社を託して(事業承継といいます)ずっと事業を継続していくことができます。

デメリット

  1. 運営コストがかかる

    会社設立時には登録免許税や公証人手数料など実費だけでも20万円はかかってしまいますし、個人事業よりも日々の税務会計処理・決算申告なども厳密さを求められますので、税理士等を活用しなければならず、それらの管理手数料負担が、個人事業よりも大きくなります。また、赤字でも一定の税金がかかります。

  2. 社長(役員)の給与の変更は年一回しか認められない

    個人事業では儲かったお金は全て事業主のモノですが、法人化して会社から給料をもらうようになると、社長(役員)の給与は決算後の年一回しか変更できません。今月は儲かったから給料たくさんもらっちゃおう!という訳にはいかなくなります。

  3. 定期的に登記の手続きが発生する

    会社になると、役員の改選、本店移転、資本金の増加、事業目的の追加など、事業の変化に応じて法務局への登記申請手続きが発生します。法務局に収める登録免許税と司法書士への手数料など、それほど大きな金額ではありませんが、個人事業には無い手続き負担が増加します。

以上のように個人事業・会社のいずれにもメリット・デメリットがあります。ご一緒に検討しながらベストな起業を目指しましょう!お気軽にお問合せください。

まずは無料相談窓口でご相談ください!